かうんたー

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

プロフィール

Kunugi

管理人: Kunugi
鋼ピンキー練成中の不器用大王。

お友達リンク(身内含)

  • bluebluebluesky
    管理人:仁紀
    注:テニプリ乾海。
    18歳未満入室厳禁。
  • Beano!
    管理人:くぬぎ
    2006.10.3 Open
    とりあえずイラスト等置こうかと

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

無垢な瞳に、痛みを笑って見せた君が好き。「かっこいいだろう?」その強さに、憧れる―…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 » CATEGORY:スポンサー広告 » CO:- » TB:- 

ファミレス

てなわけでファミレス裏鋼ネタでした。

今月に入ってから部屋を変わる事になり、家庭内引越しをしてます。仕事から帰った私は抜け殻同然なので長引いてますが、もうそろそろ終わらせなくちゃいけません。(いつまで続けるつもりなんだ)

じゃないとパソが繋げません。(おかげで携帯でネットができるようになりました/そんな事してないで片付ければいいのに)


おにゅ-の携帯は噂のAQUOS携帯。…テレビが見れていいなと職場の皆さんはおっしゃいますが……鋼さえ見れれば、この携帯言う事ないのに…なんて思う私。
スポンサーサイト
 » CATEGORY:豆話 » CO:2 » TB:0 

ちまちまと…

スレッド:鋼の錬金術師 // ジャンル:アニメ・コミック
先月の末頃から、お借りしていたカウンターが正確に動いていないようでしたので、新しいカウンターをお借りしてみました。

自作画像に置き換えできるという事でしたので、早速ちまちまとアイコン作成。

ちびあいこんず

今度は数の代わりにキャラなので、誰が何の数字なのか一見すると分からないと気がついたのは今。あああっっ!ばかだ―――っ!
 » CATEGORY:豆話 » CO:0 » TB:0 

きらきら(後編)

スレッド:鋼の錬金術師 // ジャンル:アニメ・コミック

「これで完成…っと、スイッチ入れて…よし、アル、電気消せ」
「もー、兄さんたらホント人使い荒いんだから…」
「なんか言ったかー?」
「…兄さんじゃ届かないもんね」
「誰が虫眼鏡がないと見えないくらいのチビだ―――っ!!!!!」
「はいはい。消すよ?」

満天の星

「うわ…ぁ…!」
「…へー…想像以上だったな…」
天井一面に広がったのは満天の星。
「キレイだね…」
「ああ…」
「…リゼンブールを思い出すね。何だか懐かしくなっちゃう…」
「……中央じゃこんな星空にはお目にかかれないからな」
にこり、微笑む兄さん。ああ、そうか、だから…

触れる事はできなくても、伝わるぬくもりはある。

「…ありがとう、兄さん」


「でも、これを写メでとなるとボクたちか星空か、確実にどちらかが写らないよ?」
「ああっ!しまった!」

人生上手くいってばかりとは限らない。
 » CATEGORY:豆話 » CO:2 » TB:0 

きらきら

スレッド:鋼の錬金術師 // ジャンル:アニメ・コミック
中尉と大佐のやりとりを見ていて思うところがあった兄さん。
アル、そっち持って

「アル、ちょっとそっち持って…」
「いいけど…兄さん、何作るの?」
「ん……ちょっとな…」
「こんなの、錬金術使えば簡単なのに…」
「…あ、そこ三回くらい折り返すんだ」

星空練成中

「ん~…こんなもん…かな」
「何作ってるのかぐらい教えてよ、兄さんのケチ」

続きは次の更新で。
 » CATEGORY:豆話 » CO:0 » TB:0 

大佐と中尉とたんぽぽと

スレッド:鋼の錬金術師 // ジャンル:アニメ・コミック
大佐のお出かけに御伴する中尉。背丈よりも高い草むらを分け入る大佐に深い溜息。

「大佐、今日中に提出しなければならない書類があるのですが」
「ああ、分かっている」
「でしたら…」
「すぐ済む。黙ってついて来たまえ」

もくもく進む大佐に溜息。司令部ではきっと皆が待ちぼうけ。

「中尉、こんな所にほら、花が」
大佐と中尉とたんぽぽと1

「ええ…」
「………それだけかね?」
「はい?」
「綺麗ですねとか、こんな所に花が咲いてたんですねとか」
「…綺麗ですね」
「………」

はあ、と今度は大佐が溜息。

大佐と中尉とたんぽぽと2

「…もしかして……これを見せるためにここに?」
「最近君は眉間に皺を寄せてばかりいたからな」
「…大佐がさぼってばかりいるからなのですが」
「この間、視察中に偶然発見したのだ」
「視察という名のサボりはやめて下さい」
しょんぼり大佐は頭にきのこ。聞いてない。

「大佐、戻りましょう」

今度は中尉がずんずんずかずか。

笑ってほしかっただけなのに。なんでうまくいかないんだろう。

「大佐、顔をあげてください。見えませんよ?」
「え?」

視界に広がる淡い色。

大佐と中尉とたんぽぽとさくら


「これは見事な…」
「この間、大佐を探していて偶然見つけたんです」
すまないと言うべきなのだろうかと逡巡している所に中尉が言った。
「最近、お疲れの様でしたから」
中尉の顔に笑みが浮かんだ。それは周りの花びらと同じくらい、淡いものだったけれど。咲いた事に、気がつけた。

「そうか、これくらいやらねばな」
「でも仕事中にさぼって…というのはダメですよ」

今日の夜、今度は皆で来ましょう。勿論、仕事を終わらせて。そう言ってきびすを返した中尉に、つい、言いそびれた大佐。

たんぽぽの花言葉。
 » CATEGORY:豆話 » CO:2 » TB:0 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。