かうんたー

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

プロフィール

Kunugi

管理人: Kunugi
鋼ピンキー練成中の不器用大王。

お友達リンク(身内含)

  • bluebluebluesky
    管理人:仁紀
    注:テニプリ乾海。
    18歳未満入室厳禁。
  • Beano!
    管理人:くぬぎ
    2006.10.3 Open
    とりあえずイラスト等置こうかと

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

無垢な瞳に、痛みを笑って見せた君が好き。「かっこいいだろう?」その強さに、憧れる―…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 » CATEGORY:スポンサー広告 » CO:- » TB:- 

のだめコンサートれぽ(パリ編)

スレッド:のだめカンタービレ // ジャンル:アニメ・コミック
のだめマングース。デス。。


皆様にもしあわせ気分のおすそわけということで、のだめマングースの写真デス。

体調を崩してたので義妹に行ってもらうつもりでいましたけれど、開演3時間前になって義妹が行けなくなり、急遽チケットが手元に戻ってきました。3ヶ月前からずっとずっと楽しみにしてて!やっとの思いで普通に歩けるまでに体調戻したんだもん!これで行けなかったら反動で悪化するよ、と「もったいない!」の義妹の言葉とともに己に言い聞かせ、どきどきしつつ行ってまいりました。

まず出てきたのは………ピアニカを持ったマングース!!???

えええ、まさか!?と思ったのですが、…ぴこぴこ舞台を歩き回りながら2曲披露してくれました。
1曲目はどこかで聞き覚えがある曲だったんですけど。…童謡系?なんだっけ!?…思わずその技巧に心奪われてのめりこんでて気がつかなかった…。あうあう…!
(追記:あるお方に教えていただけました。1曲目は「チムチムチェリー」2曲目は「A列車で行こう」だそうです)

会場入った所で、マングースがいたのでそこで気づいてもよさそうなものを、私は「あ!マングースだあvv」とただ単純に喜んでいたので、このサプライズイベントに「やられたあv」と大喜びでした。(中身、イベントスタッフだと思ってたんですもん。奏者だと思わなかったんですもん!)

2曲目は知らない曲だったんですけど。誰からともなく手拍子が始まって、会場内がひとつになるような一体感がありまして。
まだプログラムも始まってない内から、会場があったかvvvな空気に包まれました!

さあ、楽しい音楽の時間のはじまりデス。

  
●ローマの謝肉祭
きゃー、茂木さんがぴこぴこ跳ねてるー!と、きっと同行者がいたら騒いでいたであろう、ちっこく見える茂木さんの勇姿。そういやバイオリンの師匠が「通の人では2階を好む人も珍しくないね」と言ってたのを思い出しました。音が融けあうんだそうです。何だか可愛いお祭りっぽい旋律が、茂木さんの指揮棒に合わせて跳ねてるような感じでした。

『プラティニ・コンクールメドレー』

●ハイドン「交響曲第10番」
 冒頭、ゆうこさんが別の曲(ラロ/スペイン交響曲 ニ短調)で「あのどすーんずどーんって重そうな曲!?」と言った台詞が思わず浮かんで、ぷっと吹き出しそうになりました。危ない危ない。

しかし、千秋の「ハイドンで試されるなんて―――  光栄だ」という言葉どおり、良い曲でした。難しそうだけど、シンプルな曲。これでは本当に「ごまかし」も「はったり」もききませんね…!

●ドヴォルザーク「交響曲第8番 ト長調 作品88」第1楽章より
あ!…間違い探しのあの曲だ―――っっ!とうきうき。スライドでも間違い探しのあの情景が。

それが、タイミングぴったりに画像が出てくるので、ここでか!ここでやったのか!と思わずのめりこみました。

なんでこんなにタイミングぴったりに出来るんだろうと思っていたら、自身で作曲もできる方が茂木さんの指示や振るタイミングや小節に合わせて出してらしたんですね…!!

絵のチョイス役の方、このスライドを作った方、タイミングぴったりに映像を流される方と、3人の方がのだめコンサートには不可欠な存在なのだそうですが…。私はこの方達をのだめの天使とお呼びしたいですね。(注:神は原作ののだめ本人)

文字数制限に引っかかるので以下続きへ

スポンサーサイト
 » CATEGORY:他作品 » CO:0 » TB:0 

DEATH NOTE

スレッド:DEATH NOTE the Last name // ジャンル:映画
DEATH NOTE The Last Nameを観てきました~。

何というかもう!

…原作でこのラストだったら私本気で惚れましたよ。というか、映画を観て、自分がデスノを好きだった事に気がつきました。

映画、L編が好きな方には非常に美味しい作品に仕上がってますよ!

ここより先はネタばれになるので、「続きを読む」にて。
 » CATEGORY:他作品 » CO:0 » TB:0 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。